神田店のてんちょ。

鈴木酒販 小売部 店舗スタッフのブログです。

店舗では、通販サイトも運営しております。
ぜひご利用ください。

記事一覧(81)

平川ワイナリーさんより新着ワイン!

先日、平川氏がひょっこり来店されました。アポなしで、いらしたのでびっくりしましたが東京でのイベントの帰りで、お立ち寄り頂いたようで小1時間ほど、栽培や醸造スタイルについて教えていただきました。いやぁ。非常に勉強になりました。お忙しい中、お立ち寄り頂きありがとうございました。来年は、雪が融けたらワイナリー見学に行きたいと思います。(前回は、平川氏とスケジュールが合わず、近くまで行ったものの、畑やセラーはまだ見ていません)さて。今回は、いよいよ平川ワイナリーさんのドメーヌシリーズとでも言いましょうか。自社畑ぶどうを使用した、平川ブランドが到着しました。まず。ほとんど売っているのを見かけないので情報が少ないワインです。なので、今回、詳しく聞いておきました。ソリチュードSolitude Grande Cuvée 2017自社畑のソーヴィニョンブラン種主体。柑橘系やハーブの香り、フレッシュな酸。完熟した葡萄のアロマ。温度が上がるにつれ、白桃の香りも。意外に思うかもしれませんが、あまり冷やしすぎず、16度から18度がお勧めですとの事。特にお鮨との相性が良いそうです。ステンレスタンク醗酵、ステンレスタンク熟成(樽の使用なし)、シュールリー熟成、フィルター処理ありセレーヌSélène Terre de Yoichi 2017自社畑のケルナー主体。柑橘系の香り、甘みと酸味とのバランス。ミネラル感。この年は糖度・酸度ともに良好で、さらなる熟成も期待出来るそうです。ステンレスタンク醗酵、ステンレスタンク熟成(樽の使用なし)、シュールリー熟成、フィルター処理あり、残糖分あり、余韻は辛口。ミクロ・オキシジェナシオン(ワインにセラミック筒を通して微量の酸素供給)を行い、熟成を経たようなまろかやな味わいに仕上ています。驚くのは抜栓後、1週間経過しても酸化を感じないそうです。スゴン・ヴァンSecond Vin Terre de Yoichi 2016自社畑のレゲント種を使用。スゴンヴァン(Second Vin)は、フランス語でセカンドワインの意。ドイツのぶどう交配研究所が開発したレゲント種は、適度な酸味と深い色合いを持ち、芳醇で滑らかな味わいが特徴です。機械除梗、ステンレスタンク醗酵、マセラシオン35日、樽熟成。ブルゴーニュの古樽(新樽0%)にて15ヶ月樽熟成、樽MLF、ボトリング前は澱引き1回のみ、ノンフィルターこちらの平川ブランド3種は、鈴木酒販神田店での販売です。数量がわずかですので、店頭販売のみとさせて頂きます。

南アフリカワイン続々到着!

お久しぶりです。久々の更新となりましたが、新酒(日本酒)の入荷ラッシュで冷蔵庫内の品揃えが、かなり充実してきました。中には、入荷して瞬殺!したものも。。アップする暇もなく、どんどん入れ替わっております。Instaの方へは、細かくアップしてますのでそちらでご確認くださいね。さて、南アフリカワイン。急に思い立ったわけではなく。以前からお取引したかったインポーターさんと9月からようやく取引を開始しました。神田店、開店してから1年半で、ようやく品揃えが充実してきた感じがあります。今日は、こちらの生産者をご紹介。クルーガーファミリーワインズまずは、父が設立したワイナリーのお話を。法律家の父、アンドレ氏が1980年にステレンボッシュに「ステルハイス・ワインズ」を設立。設立当時は、収穫したブドウは全て売っていましたが、1988年より自社醸造・瓶詰めに切り替え、様々なセパージュから高品質なワインを生産しています。ヨハン・クリュガー氏は、新しい挑戦をすべく、彼自身のワイナリー、クルーガーファミリーワインズを立ち上げました。近年では、注目の若手生産者と評価誌にて紹介されており、特にシャルドネが人気です。現時点では、彼自身の畑を所有していない為、ぶどうはすべて知人の畑から買付けしてワインを作っています。南アフリカではまだ未開拓の土地が多く、醸造・栽培仲間たちと畑の調査をしながら、新たなぶどう畑を探しているそうで、その一つがアッパー・へメルとアードヴァレーという標高450mの山あいにある、パーリー・ゲーツと呼ばれる畑(花崗岩土壌と粘土土壌)です。その畑へは、彼の友人らとともに、2003年、5つの異なるピノ・ノワールのクローンを植樹したそうです。畑は、区画毎に、それぞれ東西、南北に向いており、非常にエレガントな酸のピノ・ノワールが収穫出来るそうです。Pearly Gates Reserve Pinot Noir 2016パーリー・ゲーツ・リザーヴ ピノ・ノワールこのキュヴェは、ヨハン・クルーガー氏と、友人である『ストーム・ワインズ』のハネス・ストーム氏との共同醸造で特別に造られたキュヴェです。基本的な醸造過程は「パーリー・ゲーツ・ピノ・ノワール」と変わりませんが、彼らの共通の知人が所有する、パーリー・ゲーツの畑より、厳選されたブドウのみを使用したとの事。醸造は、ストームワインズで行い、選別した樽をクルーガーが買付けし、熟成させたそうです。抜栓直後は、香りのトーンが低く、大人しく感じますが、次第に開きます。個人的には、抜栓、2日目の方がお勧めです。ハネス・ストーム氏のワインもあります。Storm Vrede Pinot Noir 2015ストーム フレダ ピノノワールへメル・アン・アルド・ヴァレーの傾斜の厳しい北東向きの斜面。土壌は石と粘土が混じる頁岩(けつがん)。収穫量3.2トン/ha(22.4hL)と極めて低い収量に抑えている。発酵後、228Lのフレンチオークで11ヶ月熟成。新樽25%、2年目樽25%、3年目樽50%使用。透明感のあるエレガントワインに仕上がっています。

こことあるシリーズ到着!

栃木県のココファームさんよりこことある シリーズが届きました!「こことある」は醸造家ブルース・ガットラヴ氏が、北海道(岩見沢)にある「トアールワイナリー(10R)」にて醸造。栃木のココファームさんが販売しています。▼ブルース・ガットラヴ氏についての記事は、こちらがお勧めです。https://serai.jp/gourmet/307197・こことある ツヴァイゲルトCoco10R Zweigelt 2016余市登地区の中川農園さんと小西農園さんが育てたツヴァイゲルトを使用。醸造家ブルース・ガットラヴ氏が、北海道岩見沢にて野生酵母で醗酵させました。(醸造:10R) 選果後、除梗しステンレスタンクにて、約25度で3週間の醸し発酵。野生酵母による発酵後、MLF。熟成はステンレスタンク3割と7割をフレンチオークで14ヶ月の熟成。オリ引き、ブレンド後、少量の亜流酸添加、無清澄・無ろ過にてビン詰め。 ・こことある ぴのろぜCoco10R Pinot Rose 2017/COCO FARM & WINERY北海道屈指の栽培家、木村さん親子が育てたピノ・ノワール。葡萄を選別した後、3週間低温全房のカルボニックマセレーション(炭酸ガス浸漬)を行った。その後、ステンレスタンク(6割)、古樽(4割)にて約15週間野生酵母により醸し醗酵。野生乳酸菌によるMLF。少量の亜流酸添加後、無清澄剤・無濾過にて瓶詰め。・こことある ぴのぐりCoco10R Pinot Gris 2017/COCO FARM & WINERY余市登地区の中川農園、木村農園さんのピノ・グリを使用。豊かな酸、ほのかな甘み、バランスのよい白ワインです。ステンレスタンク55%、古樽45%(5年目フレンチオーク)で、野生酵母による醗酵後、野生乳酸菌によるMLF (マロラクティック醗酵) 。醗酵後ブレンドし、ステンレスタンクにて3ヶ月の熟成。少量の亜流酸添加後、無清澄・無ろ過にてビン詰め。 ・こことある ピノ・ノワール Coco10R Pinot Noir 2016/COCO FARM & WINERY余市町木村農園さんのピノ・ノワールを使用。 醸造家ブルース・ガットラヴ氏が、北海道岩見沢の10Rワイナリーにて醸造。選果後、7割を全房でプレスし、21日間の低温浸漬後、野生酵母で醗酵、古樽 (6年目のフレンチオーク)で14ヶ月の熟成。少量の亜流酸塩添加後、無清澄・無濾過にてビン詰。生産本数:2,734本 3~5年熟成させてから飲んで欲しいとの事。

ヴィーニョ・ヴェルデが到着!

ポルトガルよりヴィーニョ・ヴェルデが到着!ポルトガル北部、ミーニョ川一帯に広がるワイン産地。そのミーニョ地方で、特定の地域を指す原産地名称が、ヴィーニョヴェルデDO原産地名称(DO)は、原産地名称のための認定必要条件が定められています。ポルトガルで最も古いワイン生産地域の一つで、1908年に発行された憲章によってワイン生産地域が区画されました。フランスでは、1935年に、AOC(原産地統制名称法)が制定されましたがポルトガルのDO制定を参考にしたとも言われています。ヴィーニョヴェルデDOは、微発泡の白ワインだけでは無く、ロゼやスパークリング、アルバリーニョから作る白ワインも人気なワイン産地です。ヴィーニョ・ヴェルデは、訳すと「緑のワイン」ですが、緑色のワインでは無く、ミーニョ地方が緑に溢れていることから「緑あふれるワイン生産地」として古くから知られ、港町ポルトでも、ミーニョ地方の若いフレッシュな白ワインが人気があったとの事。ヴェルデには、「早熟な」「若々しい」といった意味もあるそうです。日本でも、沢山のヴィーニョ・ヴェルデが輸入されていますが微発泡タイプと非発泡タイプがあります。こちらの2本は、微発泡タイプのヴィーニョ・ヴェルデ。アルコール度数がやや低めで、爽やかな甘みとガス感のセミドライタイプ。味わいは、まさに「大人のラムネ⁉︎」 軽くて、スイスイ飲めるワインです。左)エスチ ブランコ /DOCヴィーニョ・ヴェルデ葡萄はローレイロ主体右)エスチ ロゼ /DOCヴィーニョ・ヴェルデ葡萄品種:ヴィーニャオ60%、ボラッサル30%、エスパデイロ10% 

獺祭 純米大吟醸 島耕作 入荷!

西日本豪雨被災者復興支援 獺祭 純米大吟醸  島耕作 720ml 1、296円(税込)(以下、旭酒造様のホームページより)このお酒は2018年7月に西日本豪雨時に、酒蔵内で発酵中に、停電の被害を受けたお酒です。 そのお酒は、十分に美味しい、ただ、私達の思う獺祭としての品質基準には届かず、通常の獺祭としては世に出せません。そのお酒を、できるだけポジティブな形で、西日本豪雨への被害を心配されている皆様の想いに応え、被害を受けた様々な地域のお役に立てるお酒にしたい。旭酒造のそんな想いに、漫画家の弘兼憲史氏が共感し、弘兼氏の漫画の主人公であり、様々な困難に直面し、それを前向きに乗り越えてきた、島耕作氏を使用し、「獺祭 島耕作」として販売することとなりました。このお酒については、販売価格である1200円のうち200円をこの度の西日本豪雨で被害を受けた地域への義援金として寄付させていただきます。「磨き50」「三割九分」「二割三分」「その先へ」やそれらのブレンドが同じラベルで瓶詰されているため、ボトルにより1本1本、風味・味わいが異なります。上記の点をご理解の上、ご購入お願い致します。        大変申し訳ございません。お電話でのお取置き、通販での販売は受付しておりません。 お一人様 2本までとさせていただきます。【夏季休業のお知らせ】誠に勝手ながら下記の期間を夏季休業とさせていただきます。ご不便をおかけ致しますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。神田店、三ノ輪店8/13-8/15 の期間、夏季休業とさせていただきます。8/16より通常営業いたします。