珍しい山形のピノグリを飲んでみました

生産地:山形県

生産者:酒井ワイナリー

ワイン名:緑啄木鳥(あおげら)2021

品種:ピノグリ


「アオゲラ」は、キツツキ科に分類される日本固有種の鳥類。

寒河江の安孫子さんのピノ グリをステンレスタンクで仕込みました。輝きのあるイエロー。シュールリーに由来する酵母の香りとハーブのような爽やかさ。瑞々しく美しい酸味と旨味。余韻は中程度。(ワイナリーHPより)


柑橘類の果皮のような、ほろ苦さがあり、好き嫌い分かれそうです。

還元しているので、一度カラフェに移してデキャンタージュしても良いと思います。


またもや、ピノグリですね。

夏になると、アリゴテとかピノグリなど、少し苦味のある白ワインが人気のようです。


さて、ピノグリってことで、合わせる料理は悩みました。

昨晩、作ったのは、「鶏むね肉のソテー 香味野菜のマリネ添え」


鶏肉は、塩コショウします。私は、韓国の粉唐辛子を皮と反対側に振ってから焼きました。(粉唐辛子を皮につけると焦げるので、皮側につけないように)

皮側を下にして、皮目からじっくり弱火で40分焼きます。(40分後ひっくり返して、やや強火で3分)鶏肉は、途中で触らないように。油が飛んで汚れが気になる方がいますが、フタをしてはいけません。

鶏の皮から油が大量に出るので、焼く前に、フライパンに油をひかない方がいいです。油をひかないと焦げるなら、塗ってなじませる程度でOKです。


野菜は、紫たまねぎ(粗みじんにして流水に30分ほどさらしておく)、セロリ、トマト、イタリアンパセリを、あまり細かくせずに、荒みじん切りして、エキストラバージンオリーブオイルと白ワインヴィネガー、塩コショウで、軽く和えます。


焼き上がった鶏肉は、皮を下にしてまな板に置き、8㎜程度にスライスします。

野菜を皿に広げ、スライスした鶏肉を野菜の上に載せ、パクチーをたっぷりのせて、レモン汁をかけて完成!

これを、Pascoの超熟フォカッチャに挟んでいただきました。


玉ねぎのザクザク食感+ジューシーな鶏肉+レモン果汁+オリーブ油+パクチー。

ちょいマヨネーズを加えても美味しいです。

この組み合わせなら、少し苦味を感じる白ワインにも合いますよ。




#鈴木酒販三ノ輪本店

#日比谷線三ノ輪駅すぐ

#年中無休

#夜9時まで営業











#ワイン#フランスワイン#ワインエキスパート#ソムリエ#ワイン好き#ワインのある暮らし#ブルゴーニュ#ローヌ#ボルドー#アルザス#ロワール#シャンパーニュ#WINE#wine #winelover#テイスティング#家飲みワイン#おうちワイン#お酒#コスパ#赤ワイン#白ワイン#シャンパン#ギフト#ワインギフト#おうち時間

鈴木酒販三ノ輪本店(店舗)

台東区(三ノ輪)に1959年創業の酒屋です。 入荷情報は、Instagramをチェックしてください。 携帯の方は、左上の三本線から各サイトをご覧いただけます。