垂直試飲第二弾

前回、タキザワさんのケルナー2019を飲んだブログを上げましたが

今回は2020の感想を。

前回のブログは→コチラ


生産地:北海道(三笠市)

生産者:タキザワワイナリー

ワイン名:ケルナー2020

品種:ケルナー

北海道余市町にある中井観光農園産のケルナーを使用した辛口白ワインです。野生酵母と野生乳酸菌によって一次発酵とマロラクティック発酵を行い、発酵後に軽い澱引きを経てステンレスタンクに移し、約7か月間熟成。

 

ケルナー種はドイツで誕生した品種です。黒ブドウのトロリンガー種と白ブドウのリースリング種の交配によって誕生した白ブドウです。

寒さに強い特性から、寒冷地での栽培に適しています。


2019年VTGは、酸味が丸く、ソフトで滑らかな口当たり、香りの立ち上がりが綺麗で、ケルナーが熟成すると、こうも美味しくなるのかと驚かされました。


2020年VTGですが、この年は天候に恵まれ素晴らしい仕上がりになったと聞いています。

酸がまだ若々しく、収穫したての梨のようなみずみずしい味わい。

今飲んでも十分に美味しいですが、あと数年の熟成も期待出来るVTGです。

尖った酸ではなく、フレッシュな酸なので、お刺身や魚のマリネなどにもとてもよく合います。


酸が、しっかりとしているタキザワさんのワインは、最低でも2年は熟成させた方が美味しくいただけるワインが多いように感じます。

2021年のケルナーが入荷していますが、飲み頃は、2023年の秋以降になるでしょうか?

市場に出ると飲み頃を迎える前に、消費されがちですが、VTG切り替えのあたりにショップに行くと、VTG違いで購入できる機会もあるかもしれません。ぜひ、ヴィンテージ違いでの垂直試飲、機会があったらお試しください。


※垂直試飲は、同じワインの収穫年度(ヴィンテージ)違いでの試飲

※水平試飲は、同じ生産者(同一品種)の畑違いでの試飲

(ブルゴーニュなど、同じピノノワールでも区画によってだいぶ印象が異なるのです)


#鈴木酒販三ノ輪本店

#日比谷線三ノ輪駅すぐ

#年中無休

#夜9時まで営業








#ワイン#フランスワイン#ワインエキスパート#ソムリエ#ワイン好き#ワインのある暮らし#ブルゴーニュ#ローヌ#ボルドー#アルザス#ロワール#シャンパーニュ#WINE#wine #winelover#テイスティング#家飲みワイン#おうちワイン#お酒#コスパ#赤ワイン#白ワイン#シャンパン#ギフト#ワインギフト#おうち時間

鈴木酒販三ノ輪本店(店舗)

台東区(三ノ輪)に1959年創業の酒屋です。 入荷情報は、Instagramをチェックしてください。 携帯の方は、左上の三本線から各サイトをご覧いただけます。