夏の終わりにアルザスのクレマンを

今日は、8/22(月)

台風の影響で、しばらく涼しい日が続きそうです。

とはいえ、日中は30度を超えるので、熱中症対策はまだ必要です。

私共のお店は、店内のエアコンの温度設定を20度にしているので、1日中お店にいると、夏でもカーディガンが必要なくらいです。そのため、仕事を終えて外に出ると、温度差にやられます。


昨日は、娘の誕生日で、鶏むね肉のインボルティーニを作りました。

鶏肉は、開いて、薄くのばし、中には、キノコ、ナス、モッツァレラを5mm角に細かくしたものを詰めて、まきまきしてタコ糸でくくり、オーブンで焼いた料理です。ソースは、トマトソースで。


合わせたのは、こちらのスパークリングワインです。

生産地:フランス(アルザス)

生産者:メイエ・フォンネ

ワイン名:クレマン・ダルザス Extra Brut N.V.

品種:ピノ・オーセロワ60%、シャルドネ20%、ピノ・ブラン15%、ピノ・ノワール5%


ガス圧がしっかりとしており、色調は濃い目のレモンイエロー。酸がしっかりとしていて、程よいボディ感。柑橘類や焼きリンゴ、ハチミツ、ハーブの香り、柑橘類の皮のような苦味を感じるが、泡立ちの力強さと切れの良い後味で、魚介のグリルなどにも合いそうです。


アルザスのクレマンが3000円以下なので、お買い得なんですが、以前、ブログで紹介した、メイエ フォンネ ジョンティが素晴らしく美味しかったので、比べてしまうと、今一つかなと感じました。



ワイナリー情報

メイエ・フォンネは、コルマールの北西約7km、オー=ラン県のカッツェンタール村(katzenthal)に位置するドメーヌです。メイエ家は1732年にスイスよりこの地に移住してきたファミリーで、1877年生まれのフェリックス・メイエがぶどう栽培農家を創業したのがドメーヌの始まりです。当初は協同組合にぶどうを売っており、元詰めを開始したのは、現当主の父親であるフランソワがドメーヌに参入した1960年代に入ってからの事です。

現当主は5代目、創業者と同名のフェリックス・メイエです。ドメーヌは、フェリックスが1992年に引き継いだ後、急激な発展を迎えます。フェリックスはマコネの醸造学校でBTS(高等技術者免許)を取得し、卒業後は、ツィント・ウンブレヒト、ドメーヌ・デュジャック、コント・ラフォン等、名だたるトップ生産者の下で修業を重ね、自らのワイン哲学を確立させました。

フェリックスの造るワインは、ぶどう品種の個性を大切にしながら、液体のピュアさに、軽さと強さを両立させたようなスタイルです。瓶詰め後の早い時期から楽しめ、一方で、熟成させると複雑味と奥行きが出てくるようなワインを造る事を信条としています。




#鈴木酒販三ノ輪本店

#日比谷線三ノ輪駅すぐ

#年中無休

#夜9時まで営業







#ワイン#フランスワイン#ワインエキスパート#ソムリエ#ワイン好き#ワインのある暮らし#ブルゴーニュ#ローヌ#ボルドー#アルザス#ロワール#シャンパーニュ#WINE#wine #winelover#テイスティング#家飲みワイン#おうちワイン#お酒#コスパ#赤ワイン#白ワイン#シャンパン#ギフト#ワインギフト#おうち時間









鈴木酒販三ノ輪本店(店舗)

台東区(三ノ輪)に1959年創業の酒屋です。 入荷情報は、Instagramをチェックしてください。 携帯の方は、左上の三本線から各サイトをご覧いただけます。