こことあるシリーズ到着!

栃木県のココファームさんより


こことある シリーズが届きました!


「こことある」は


醸造家ブルース・ガットラヴ氏が、北海道(岩見沢)にある「トアールワイナリー(10R)」にて醸造。

栃木のココファームさんが販売しています。


▼ブルース・ガットラヴ氏についての記事は、こちらがお勧めです。

https://serai.jp/gourmet/307197


・こことある ツヴァイゲルト

Coco10R Zweigelt 2016

余市登地区の中川農園さんと小西農園さんが育てたツヴァイゲルトを使用。醸造家ブルース・ガットラヴ氏が、北海道岩見沢にて野生酵母で醗酵させました。(醸造:10R) 選果後、除梗しステンレスタンクにて、約25度で3週間の醸し発酵。野生酵母による発酵後、MLF。熟成はステンレスタンク3割と7割をフレンチオークで14ヶ月の熟成。オリ引き、ブレンド後、少量の亜流酸添加、無清澄・無ろ過にてビン詰め。 


・こことある ぴのろぜ

Coco10R Pinot Rose 2017/COCO FARM & WINERY

北海道屈指の栽培家、木村さん親子が育てたピノ・ノワール。葡萄を選別した後、3週間低温全房のカルボニックマセレーション(炭酸ガス浸漬)を行った。その後、ステンレスタンク(6割)、古樽(4割)にて約15週間野生酵母により醸し醗酵。野生乳酸菌によるMLF。少量の亜流酸添加後、無清澄剤・無濾過にて瓶詰め。


・こことある ぴのぐり

Coco10R Pinot Gris 2017/COCO FARM & WINERY

余市登地区の中川農園、木村農園さんのピノ・グリを使用。豊かな酸、ほのかな甘み、バランスのよい白ワインです。ステンレスタンク55%、古樽45%(5年目フレンチオーク)で、野生酵母による醗酵後、野生乳酸菌によるMLF (マロラクティック醗酵) 。醗酵後ブレンドし、ステンレスタンクにて3ヶ月の熟成。少量の亜流酸添加後、無清澄・無ろ過にてビン詰め。 


・こことある ピノ・ノワール

Coco10R Pinot Noir 2016/COCO FARM & WINERY

余市町木村農園さんのピノ・ノワールを使用。 醸造家ブルース・ガットラヴ氏が、北海道岩見沢の10Rワイナリーにて醸造。選果後、7割を全房でプレスし、21日間の低温浸漬後、野生酵母で醗酵、古樽 (6年目のフレンチオーク)で14ヶ月の熟成。少量の亜流酸塩添加後、無清澄・無濾過にてビン詰。生産本数:2,734本 3~5年熟成させてから飲んで欲しいとの事。





 #ココファーム

#ココファームワイナリー

#coco10Rwinery

#こことある

#日本ワイン

#ロゼワイン

#ワイン #wine

#鈴木酒販神田店

#秋葉原万世橋を渡りすぐ

《日本酒とワインの専門店》鈴木酒販神田店

台東区に1959年創業の酒屋です。 2017年2月に神田須田町に2店舗目となる 神田店を開店致しました。 秋原駅から徒歩5分。万世橋を渡りすぐです。 店内に立飲みスペースがあり ナチュールワインとクラフトビールも充実しております。 地域の皆様に愛され、お仕事帰りにふらりと ご利用いただけるようなお店作りを目指します。 場所の詳細や取扱商品は上の三本線からご覧ください。